主要架構の補修

瓦を下す前に、柱、土台など建物を支える骨格の補修をしています。こちらはプロの大工さんのお仕事。蔵は北東側を基準に、南西側が12センチ下がっていました。

水準器で水平を決め、下がった場所をジャッキで上げてくさびを打って固定します。

土台を持ち上げ、いたんだ個所は「コシカケアリツギ」という方法で新しい材を継いで補修します。

ぼろぼろに見えた柱も根継するのは、南西側の柱1本だけ。曲がった木材は、芯が通っているので強い。曲がった木をまっすぐに製材する今の方法では、芯が外れてしまうので、かえって木材の強度を損なっているそうです。建て易さと見栄えを取るか、持続性を取るか?

コメントをどうぞ