思わず裸足に・・

2012年3月5日

2012年3月4日(日) 小雨降る中の土練り3回目。梅の花がまだつぼみの肌寒い中でしたが、粘る泥に足を取られて、長靴を脱いで素足で土練りを始めた男子もいました。泥の硬さは、マヨネーズまたは、福耳の耳たぶくらいに。わらは5~6センチに切ったものをたっぷり混ぜ込みました。2回目の土練りの時も雨でしたが、土練りには水がたっぷり必要なので、恵みの雨でしょうか。

土壁塗りの直前にも土を練りますが、事前に練って寝かしておくことで、ひび割れを防ぐことができます。

切ったわらをこんりと載せて、水をかけながら、鍬で寝かした土をほぐします。次に耕運機も使ってわらをしっかり混ぜ込んで、水をどんどん入れて、ずぶずぶの硬さにします。後はみんなで踏んで良く混ぜます。杖を使うと、踏み込んだ足をようやく抜くことができます。「股関節の体操!」と、踏み込みに励むHさんの姿も。

がんばって働いた後のお昼ご飯。アユご飯とツガニ汁、いろいろお野菜の煮物をいただきました。アメリカ人のジェナさんもおいしい笑顔!ご飯の後にみんなで記念撮影をしました。

郷蔵普請「土壁塗り」始まります!

2012年2月15日

2012年 研修会で始まり

2012年1月20日

お正月、雪の上に書いた2012年。

新しい年が始まる。

郷蔵普請、活動の始まりは宿泊研修会から。

   記

 

日時:2012年1月28日(土)~29日(日)

宿泊場所:水明館(大田市羽根町)

研修内容:福光石石切り場見学、清水大師(温泉津町)見学、久手海岸珪化木観察、温泉津温泉船着き場見学など

       海の幸いっぱいの夕食会も楽しみです。

竹小舞の方法

2011年11月29日

「まわたし」とは、貫の上または下に渡した竹のことです。柱にほぞが彫ってあって、そこに竹を差し込みます。

横に渡した「まわたし」に縦方向の竹を半間に8本ずつ固定します。

      

縦に竹を固定したら、次は縦横同じ間隔になるように、横に竹を固定します。

 

縦と横の竹がクロスした部分を、一つ置きに「男結び」をしていきます。ひたすら、男結び・・・

チドリに結びを作って、はしの紐は30センチ伸ばして切ります。これは、壁土を塗ったときに、縄が土を立体的に支えれるようにするためです。土壁の厚さは15センチの予定。蔵は大壁なので、芯はすべて丸竹を使用しました。

   

作業の後に記念撮影!仕上げた竹小舞がみんなの後ろに見えるかな?

竹小舞ワークショップ開催します

2011年11月18日

土壁を取り除いた後には、木の柱と貫、そして格子に編まれた竹の小舞が姿を現しました。この竹小舞は150年以上前のものです。今回のワークショップでは、古い竹の小舞を取り外し、1年前に用意した竹と縄を使って新しく格子に編んでいきます。古い竹も、使えるものは再利用します。これまで腐りもせず、虫に食われもしなかった古い竹は、新しい竹を使うよりもずっと強くてさらに長持ちするそうです。縄の結び目は、男結び・・・生活に役立つ技を身につけるチャンスです(?)皆さんの参加をお待ちしています。

【1回目】

日時:2011年11月27日(日)9:30~16:00

場所:江津市桜江町中村家旧郷蔵

参加費:300円(昼食代)

【2回目】

日時:12月11日(日)9:30~16:00

竹小舞と合わせて「しめ縄」作りもします。お正月用に手作りのしめ縄を作ってみませんか~

瓦上げ

2011年10月28日

10月26日、ノジ板、竹小舞、こもを敷いた屋根に瓦をあげた。屋根の周囲に縄を巻いた竹をおき、瓦が角で反り返るようにする。

昔ながらの瓦をふける職人さんは島根県には数人しかいない。

瓦は一番下からふく。よく練った土の上に瓦を載せ、肥松の釘で固定する。再利用の瓦に、甘南備寺からもらってきた古瓦を加えている。一つ一つが手作りなので、反りやサイズが微妙に違うがうまく調整していく。

職人さんが瓦を葺く一方で、小回り役の私たちは土を練った。練りたての粘りのある土を使うことで、瓦がしっかり固定される。これまで練った土にさらに水を加えてマヨネーズくらいの硬さに練る。使った泥はバケツ何杯分だったろうか?練った土を運搬し、屋根に上げる。瓦を上げるのも小回りさん。とにかく重労働でした。皆さんお疲れ様でした。

記念に名前を書いた瓦も一緒に葺いてもらった。26日、両側の瓦を葺き終わった。平瓦の下の土が乾くまで約1週間。平が乾いたところで棟の瓦をあげて屋根が完成する。棟をあげるのは11月2日の予定。お手伝い大歓迎ですよ!

棟上げ式(ホントは改修式)

2011年10月28日

たくさんのお供えをして改修式を行った。榊に御幣、左縄を張るとあたりが厳かな雰囲気に。降水確率70%のはずが1日お天気に恵まれ、神様が守ってくださったような気がした。

式典の後は餅まきをした。まず5人が一升餅をまく。角餅は東西南北の順番に、天餅は5番目にまく。次は紅白の小餅。400袋のおもちはあっという間になくなった。

餅まきを行った午後、次の瓦上げ作業に備えて土練りを行った。お祝いの後の作業はのんびりと。最後まで残った皆と集合写真。

土練りの最中、何人かは泥に足を取られて転んでしまう。今回は島根大学生のYさん。メガネが無事でよかったね。

「棟上げ式」にお越しください

2011年10月16日

2011年10月22日(土) 10:00~10:30  棟上げ式

                 10:30~11:00 餅まき

昨年の9月から始まった郷蔵普請も1年が過ぎました。ようやく棟上げ式を開催できる運びとなりました。

これまでご協力いただいた皆様のおかげと感謝いたします。

当日は、郷蔵普請手形(No、10、クリ)をお配りします。

また、瓦に記念の記名をしていただけます。

★午後からは~24日から始まる瓦上げのための仕上げの土練りをします。昼食を用意してますのでどうぞご参加くださいませ。

      

石州赤瓦の巻

2011年10月15日

2011年10月10日 秋晴れの下、郷蔵の瓦を下ろした。「天狗とり」で人の手から手へ、下ろした瓦は約1800枚。

瓦の下の土も下す。土の下にはわらで編んだこも。その下には竹の小舞が姿を現した。

下ろした瓦は、叩いてひび割れがないかチェックする。見かけは大丈夫でもにぶい音がするのはひびが入った証拠だ。

土やコケをわらのタワシを使ってきれいに洗う。

洗って乾かした瓦に記念の記名。

12日には、桜江中学1年生が楽しく作業をしてくれた。

「墨で書けば150年後まで名前が残るよ。」

  

 

 

主要架構の補修

2011年9月28日

瓦を下す前に、柱、土台など建物を支える骨格の補修をしています。こちらはプロの大工さんのお仕事。蔵は北東側を基準に、南西側が12センチ下がっていました。

水準器で水平を決め、下がった場所をジャッキで上げてくさびを打って固定します。

土台を持ち上げ、いたんだ個所は「コシカケアリツギ」という方法で新しい材を継いで補修します。

ぼろぼろに見えた柱も根継するのは、南西側の柱1本だけ。曲がった木材は、芯が通っているので強い。曲がった木をまっすぐに製材する今の方法では、芯が外れてしまうので、かえって木材の強度を損なっているそうです。建て易さと見栄えを取るか、持続性を取るか?